ホーム > マンション管理組合って何をやっているの?

マンション管理組合って何をやっているの?

マンション管理の仕組み

bil0091-002.jpgマンション管理は、「マンション管理組合」によって行われています。 区分所有者によって構成されており、マンション管理に関するさまざまな業務を行っています。
ここでは、仕組みと組合の業務についてご説明します。

管理組合の業務

  • マンション管理組合が管理する共用部分・敷地・附属施設の保存・保安を行います(諸設備の保守点検・修理、共用部分・敷地の清掃など)。
  • マンション組合管理部分の変更及び改良を行います(共用部分の修繕・取替、附属施設の改造など)。
  • マンションの長期修繕計画の作成や、その変更に関する業務を行います。
  • マンション共用部分などの火災保険や、その他の損害保険に関する業務を行います。
  • 共用部分・敷地・附属施設内の特定箇所の管理、使用、運営を行います(ベランダ、集会室、倉庫、自転車置場などの使用に関するルールの設定など)。
  • マンションの敷地や共有部分などの運営を行います。
  • 管理に必要となる費用の徴収・運用などを行います(管理費等の徴収、諸費用の支払い、余裕資金の保管・運用、収支予算の編成、収支報告など)
  • 官公署、町内会などとの渉外業務を行います。
  • 管理規約やマンション住人総会で定められた、安全性の維持に関する業務を行います(共用部分に係る損害保険の付保など)。
  • マンションの防災に関する業務を行います。